コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋委任統治領 なんよういにんとうちりょう

2件 の用語解説(南洋委任統治領の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんよういにんとうちりょう【南洋委任統治領】

日本が第1次世界大戦で獲得した植民地。ミクロネシアの赤道以北,マリアナ,カロリン,マーシャル(グアム島を除く)3諸島を含み,バベルトゥアプ島(パラオ本島)をはじめ1400余の小島群からなる。総面積約2100km2。住民は当時カナカ人,チャモロ人など約5万。19世紀末以来ドイツ領(グアム島はアメリカ領)であったが,第1次大戦に参戦した日本は,これらの諸島を占領し,1914年臨時南洋群島防備隊を置いて軍政をしいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

なんよう‐いにんとうちりょう〔ナンヤウヰニントウチリヤウ〕【南洋委任統治領】

日本が第一次世界大戦で獲得した植民地。ミクロネシアの赤道以北で、グアム島を除くマリアナ諸島カロリン諸島マーシャル諸島バベルダオブ島パラオ諸島の主島)など1400の島々から成る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南洋委任統治領の関連キーワードケープ植民地チーホノフ委任統治欧州大戦世界大戦第二次世界大戦半植民地新興国記念日第2次世界大戦終結の日カステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone