コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋委任統治領 なんよういにんとうちりょう

2件 の用語解説(南洋委任統治領の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんよういにんとうちりょう【南洋委任統治領】

日本が第1次世界大戦で獲得した植民地。ミクロネシアの赤道以北,マリアナ,カロリン,マーシャル(グアム島を除く)3諸島を含み,バベルトゥアプ島(パラオ本島)をはじめ1400余の小島群からなる。総面積約2100km2。住民は当時カナカ人,チャモロ人など約5万。19世紀末以来ドイツ領(グアム島はアメリカ領)であったが,第1次大戦に参戦した日本は,これらの諸島を占領し,1914年臨時南洋群島防備隊を置いて軍政をしいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なんよう‐いにんとうちりょう〔ナンヤウヰニントウチリヤウ〕【南洋委任統治領】

日本が第一次大戦で獲得した植民地。ミクロネシアの赤道以北で、グアム島を除くマリアナ諸島カロリン諸島マーシャル諸島バベルダオブ島パラオ諸島の主島)など1400の島々から成る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone