コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋委任統治領(読み)なんよういにんとうちりょう

世界大百科事典 第2版の解説

なんよういにんとうちりょう【南洋委任統治領】

日本が第1次世界大戦で獲得した植民地ミクロネシアの赤道以北,マリアナ,カロリン,マーシャル(グアム島を除く)3諸島を含み,バベルトゥアプ島(パラオ本島)をはじめ1400余の小島群からなる。総面積約2100km2。住民は当時カナカ人,チャモロ人など約5万。19世紀末以来ドイツ領(グアム島はアメリカ領)であったが,第1次大戦に参戦した日本は,これらの諸島を占領し,1914年臨時南洋群島防備隊を置いて軍政をしいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android