コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルー Garut

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルー
がるー
Garut

インドネシア、ジャワ島西部の都市。周囲をチクライ火山、パパンダヤン火山、グントゥール火山などの高い火山に囲まれた高原盆地の中心にある。人口約4万(1971)。標高710メートル。オランダ時代から高原の休養地として発展した。諸火山の登頂、テラガボダス火口湖の探究など新しい観光基地としても重要である。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガルーの関連キーワードルー=ガルー2/インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔quokka wallabyフリンダースチェイス国立公園新カンガルー・スキッピーサバクネズミカンガルークロキノボリカンガルーアカキノボリカンガルーカンガルーマザーケア伊豆シャボテン公園キノボリカンガルーオーストラリア亜区ニンガルーコーストハイイロカンガルーワラビー(動物)ナンディーヒルズカンガルーネズミカンガルーラットのってカンガルーネズミカンガルーイングランドの丘

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガルーの関連情報