ガンマ関数(読み)ガンマかんすう(英語表記)gamma function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンマ関数
ガンマかんすう
gamma function

第2種オイラー積分ともいう。 α>0 で定義された関数
をガンマ関数という。ガンマ関数は,次の性質をもつ。
この (2) の性質からガンマ関数は,階乗を拡張した関数ということができる。この関数は,オイラーによって発見されたもので,ベータ関数と並んでオイラー積分の名が与えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンマ関数
がんまかんすう

オイラーによって考えられた、階乗を一般化する関数。

で定義される。この関数は

を満たす。sが大きいときのΓ(s)の値を近似的に計算する式に、次のスターリングの公式がある。

 Γ(s)を定義する積分はsが複素数のときも、sの実数部分が正ならば収束し、この関数は、s=0,-1,-2,……を除いて、複素平面全体に解析接続される。1/Γ(s)は複素平面全体で正則である。また、次の関数等式

は重要である。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android