コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガン病棟 ガンびょうとうRakovy korpus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガン病棟
ガンびょうとう
Rakovy korpus

ソビエト連邦生まれの作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンの長編小説。 1963年頃執筆を開始。 1966年に第1部,1967年に第2部が完成。この作品は,ヨシフ・スターリンの死,ラブレンティ・P.ベリヤの処刑,ゲオルギー・M.マレンコフの解任を経て,スターリン時代から「雪どけ」へと転換していく 1955年というソ連社会の激動期に時を設定し,中央アジアにあるタシケントの癌病棟を舞台に,死の恐怖に駆られながらも,なお生に執着するコストグロートフやルサノフら癌患者たち,その人々を取り巻く女医ドンツォワや看護師などを登場させて,ソ連社会の矛盾と否定的な面を鋭く摘発している。そのためソ連本国では発表が許可されず,国外で出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガン病棟の関連キーワードアレクサーンドル ソルジェニーツィンソルジェニツィン庭瀬 康二児玉 隆也庭瀬康二地下出版岩田宏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android