コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガン病棟 ガンびょうとう Rakovy korpus

1件 の用語解説(ガン病棟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガン病棟
ガンびょうとう
Rakovy korpus

ソビエト連邦生まれの作家アレクサンドルソルジェニーツィン長編小説。 1963年頃執筆を開始。 1966年に第1部,1967年に第2部が完成。この作品は,ヨシフ・スターリンの死,ラブレンティ・P.ベリヤの処刑,ゲオルギー・M.マレンコフの解任を経て,スターリン時代から「雪どけ」へと転換していく 1955年というソ連社会の激動期に時を設定し,中央アジアにあるタシケントの癌病棟を舞台に,死の恐怖に駆られながらも,なお生に執着するコストグロートフやルサノフら癌患者たち,その人々を取り巻く女医ドンツォワや看護師などを登場させて,ソ連社会の矛盾と否定的な面を鋭く摘発している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガン病棟の関連キーワードアレクサンドロフスキー宮殿ソビエト連邦共産党ソビエト連邦憲法ソビエト演劇ソビエト美術ソビエト連邦海軍アカデミーソビエト連邦国防人民委員部ソビエト連邦最高裁判所ソビエト連邦電報通信社ソビエト連邦民族舞踊団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガン病棟の関連情報