コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪どけ ゆきどけOttepel'

4件 の用語解説(雪どけの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪どけ
ゆきどけ
Ottepel'

ソ連の小説家 I.エレンブルグの小説。 1954~56年発表。地方都市を舞台に,官僚的な工場長ジュラブリョフ,その妻レーナ,父親がラーゲリに入れられ妻も戦争で失った技師コロチェーエフの三角関係スターリン賞候補にもなり,才能ある進歩的画家といわれたボロージャ,妻と風景しか描かない貧乏画家サブーロフユダヤ人女医シェレルと技師長ソコロフスキーの恋などを描きつつ,スターリン死後のソ連社会の変動をさりげなく表現した作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆきどけ【雪どけ】

ロシア・ソ連邦の作家エレンブルグ中編小説雪どけOttepel’》(1954)から生まれた言葉で,主としてソ連における緊張緩和政策を意味する世界語となっている。エレンブルグの小説はスターリン死後のソ連社会に訪れたささやかな変化を鋭敏にとらえ,人びとの生活感情を的確に表現した作品である。1954年という年はスターリンが死んで1年であり,スターリン批判が行われた第20回ソ連共産党大会に先だつ2年前である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆきどけ【雪どけ】

エレンブルグの小説。1954~56年刊。地方都市の工場長の妻と技師の恋愛を描き、公式主義・官僚主義批判が論議を呼ぶ。スターリン没後の新世代を予見し、作品名が東西冷戦緩和の代名詞となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪どけ
ゆきどけ
Оттепель Ottepel' 

ロシア・ソ連の作家エレンブルグが書いた中編小説。第一部は1954年、第二部は56年に刊行された。工場長の妻レーナと若い技師コロチェーエフとの恋愛を中心に、奇矯な老人ソコロフスキー、懐疑的な若い画家ボロージャらが登場する。一見、風俗小説風であるが、ソ連の社会がスターリンの死によってしだいに明るさを取り戻していく過程を背景に、市民たちの生活が多面的に描かれている。第一部発表の54年という年は、スターリンの死の翌年で、スターリン批判に先だつ2年前である。文学のうえではまだこのような空気を鋭敏にとらえたものはなかったし、そこに作者エレンブルグの時代を先取りした「目」が感じられる。この題名はのちに冷戦緩和の代名詞にまでなったが、ソ連での公式批評では最終的に否定的評価を受けた。しかし、今日からみれば、やはり作者の先見の明を多とすべきであろう。[木村 浩]
『江川卓訳『雪どけ』(『ロシア・ソビエト文学全集33』1965・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雪どけの言及

【冷戦】より

…そのなかで,とくにイギリスの要請もあって55年7月ジュネーブ4国首脳会談が開催された。ドイツ問題,軍縮問題という実質では成果がなかったものの,交渉気運の盛上りは〈ジュネーブ精神〉として緊張緩和の雰囲気(雪どけ)をつくりだした。このジュネーブ首脳会談と同時になされたNATO(1955年5月西ドイツの加盟)とワルシャワ条約機構(1955年5月成立)との対峙は,冷戦の様相を変質させ,以後,主として米ソ間では核兵器に関する問題が,ヨーロッパでは東西ドイツの問題が,また第三世界では独立・革命・内戦・戦争等の紛争が冷戦の主要テーマとなっていく。…

※「雪どけ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雪どけの関連情報