コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーザーン・ハーン Ghāzān Khān

1件 の用語解説(ガーザーン・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガーザーン・ハーン【Ghāzān Khān】

1271‐1304
イル・ハーン国第7代のハーンフレグの曾孫。在位1295‐1304年。イル・ハーン国が派閥抗争と財政破綻により内部崩壊の危機に直面した多難の時期に即位し,その危機を克服したことで名高い。即位するや,まず対立勢力を鎮めると敵国マムルーク朝への遠征を繰り返し敢行して内部結束を固めることにつとめた。これと並行して《モンゴル史》編纂事業を自ら企画・遂行し,麾下の諸部族にチンギス・ハーン直系でフレグ家嫡流の自らに対する忠誠心を強固によびさまさせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のガーザーン・ハーンの言及

【イル・ハーン国】より

…これと財政破綻とが相まってフレグ一門を王族に戴く部族連合の結束は極端にゆるみ,イル・ハーン国は国家存亡の危機に直面した。1295年即位したガーザーン・ハーン(フレグの曾孫)は,長らく続いた政争を収拾すると敵国マムルーク朝への遠征を繰り返し敢行して内部結束を固める一方,国史編纂事業を推進し,麾下の諸部族にモンゴル帝国の栄光とガーザーン・ハーンに対する忠誠心をよびおこさせた。さらに彼はラシード・アッディーンを起用し,税制改革を軸とする諸改革を断行して中央集権化を進めるとともにイスラムに改宗してイラン人との融和をはかった。…

※「ガーザーン・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーザーン・ハーンの関連キーワードハーフトーンコーカンドシャージャハーンラフカディオハーンイルハン国ガザンハンハールーンアッラシードビスケーン国立公園ハートストーンオゴタイ・ハーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone