コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キイロネクイハムシ

百科事典マイペディアの解説

キイロネクイハムシ

鞘翅(しょうし)目ハムシ科の1種で日本固有種。体長4mm前後で本州九州,沖縄に分布が知られている。生息地は平地または山裾の池や沼で,スゲ類を食草とする。過去30年以上にわたって見つかっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

キイロネクイハムシの関連キーワード根喰葉虫鞘翅

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android