キガンピ(黄雁皮)(読み)キガンピ(英語表記)Wikstroemia trichotoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キガンピ(黄雁皮)
キガンピ
Wikstroemia trichotoma

ジンチョウゲ科の落葉小低木。暖地の山中,疎林,傾斜地などに生じる。高さ 40~60cm。葉は卵形で対生する。秋に,枝先に花柄が分岐し,黄緑色の筒形の小花を束状につける。ガンピ W. sikokianaとともに和紙の原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android