疎林(読み)そりん

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐りん【疎林】

〘名〙 樹木のまばらに生えている林。木が密生していない林。
※類聚句題抄(11C中)葉声風外遠〈藤原広業〉「疎林吹月晩聴冷、遙漢巻雲暁韵幽」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「雪に宜しきは則ち平疇疎林」 〔上官儀‐奉和山夜臨秋詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android