キサンテン染料(読み)きさんてんせんりょう

  • xanthene dye

化学辞典 第2版の解説

ザンセン染料ともいう.キサンテン環を含む染料の総称.中心炭素に対してパラ位にヒドロキシ基または(置換)アミノ基が存在し,さらに中心炭素がフェニル基,そのほかで置換され,性質がジフェニルメタン染料によく似ている.多くは塩基性染料であるが,一部酸性染料酸性媒染染料があり,蛍光を伴うものが多い.ポリアクリロニトリル繊維のカチオン染料として用いられ,ローダミンBがその代表例である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキサンテン染料の言及

【エオシン】より

…(化学式)キサンテン環をもつキサンテン染料として最初につくられた染料。キサンテン染料の特色は蛍光を有するきわめて鮮明な色相をもつことで,繊維用として,耐光堅牢度は低いが美麗な染色物を得るため現在でも使用されている。…

※「キサンテン染料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android