キシリジン

化学辞典 第2版「キシリジン」の解説

キシリジン
キシリジン
xylidine

dimethylaniline.C8H11N(121.18).(CH3)2C6H3NH2キシレンのアミノ誘導体で,アミノ基と二つのメチル基との相対的な位置によって6種類の異性体がある.いずれも対応するニトロ化合物を還元してつくられ,アニリンに似た性質を示す.3,4-キシリジン以外は無色の液体.0.97~0.99.水に難溶,エタノールに可溶.おもに染料中間体として使用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android