染料中間体(読み)せんりょうちゅうかんたい(英語表記)intermediate

翻訳|intermediate

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょうちゅうかんたい【染料中間体 intermediate】

原料から出発して最終製品の染料に至る製造工程の中間につくられる物質。染料中間物ともいう。一例として酸性染料のオレンジIIを例にとると,ベンゼンおよびナフタレンを出発原料として,それぞれニトロ化,アミノ化,スルホン化ヒドロキシル化ジアゾ化などの単位操作を経てジアゾベンゼンスルホン酸およびβ‐ナフトールがつくられ,最終的に2者をカップリングして染料が生成する(図)。このように単位操作により中間につくられるニトロベンゼンアニリンスルファニル酸,β‐ナフタレンスルホン酸,β‐ナフトールなどは染料中間体である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

染料中間体
せんりょうちゅうかんたい
dyestuff intermediate

染料中間物あるいは単に中間物ともいう。ベンゼン、トルエン、ナフタレンあるいはアントラセンなどの一次原料から染料を合成するためには、数段階の反応過程が必要である。これらの各段階ごとの反応生成物が染料中間体とよばれている。したがって、ある特定の化合物群をいうわけではなく、芳香族系、複素芳香族系の有機工業薬品が、染料中間体として利用されている。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

染料中間体
センリョウチュウカンタイ
intermediates for dyes

ベンゼン,トルエン,キシレン,ナフタレン,アントラセン,ピリジン,キノリン,カルバゾール,フェノールなどの石炭および石油化学工業の一次製品から,最終製品の染料を製造する過程で得られる化合物の総称.これら一次製品に多種類の無機あるいは有機工業薬品を作用させて中間体を製造し,さらに,これら中間体どうしを反応させて染料を合成する.主要中間体を分類すると,
(1)ニトロ化合物,
(2)アニリン類およびそのシアゾ化物,
(3)ハロゲン化合物,
(4)スルホン酸類,
(5)フェノール類,
(6)カルボン酸類,
(7)カルボニル化合物,
などになる.これら中間体は染料だけでなく,医薬,農薬,香料,合成繊維,合成樹脂など多方面の製品を合成するために使用され,有機合成化学工業の発展に寄与している.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android