コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染料中間体 せんりょうちゅうかんたい intermediate

翻訳|intermediate

2件 の用語解説(染料中間体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょうちゅうかんたい【染料中間体 intermediate】

原料から出発して最終製品の染料に至る製造工程の中間につくられる物質。染料中間物ともいう。一例として酸性染料オレンジIIを例にとると,ベンゼンおよびナフタレンを出発原料として,それぞれニトロ化,アミノ化スルホン化ヒドロキシル化ジアゾ化などの単位操作を経てジアゾベンゼンスルホン酸およびβ‐ナフトールがつくられ,最終的に2者をカップリングして染料が生成する(図)。このように単位操作により中間につくられるニトロベンゼン,アニリンスルファニル酸,β‐ナフタレンスルホン酸,β‐ナフトールなどは染料中間体である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

染料中間体
せんりょうちゅうかんたい
dyestuff intermediate

染料中間物あるいは単に中間物ともいう。ベンゼン、トルエン、ナフタレンあるいはアントラセンなどの一次原料から染料を合成するためには、数段階の反応過程が必要である。これらの各段階ごとの反応生成物が染料中間体とよばれている。したがって、ある特定の化合物群をいうわけではなく、芳香族系、複素芳香族系の有機工業薬品が、染料中間体として利用されている。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染料中間体の関連キーワード生産財歩留り装置型産業/装置工業古今製造半製品ワーキング直ごね法すり身HACCPとISO22000

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone