コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染料中間体 せんりょうちゅうかんたいintermediate

翻訳|intermediate

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょうちゅうかんたい【染料中間体 intermediate】

原料から出発して最終製品の染料に至る製造工程の中間につくられる物質。染料中間物ともいう。一例として酸性染料のオレンジIIを例にとると,ベンゼンおよびナフタレンを出発原料として,それぞれニトロ化,アミノ化,スルホン化,ヒドロキシル化,ジアゾ化などの単位操作を経てジアゾベンゼンスルホン酸およびβ‐ナフトールがつくられ,最終的に2者をカップリングして染料が生成する(図)。このように単位操作により中間につくられるニトロベンゼン,アニリン,スルファニル酸,β‐ナフタレンスルホン酸,β‐ナフトールなどは染料中間体である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

染料中間体
せんりょうちゅうかんたい
dyestuff intermediate

染料中間物あるいは単に中間物ともいう。ベンゼン、トルエン、ナフタレンあるいはアントラセンなどの一次原料から染料を合成するためには、数段階の反応過程が必要である。これらの各段階ごとの反応生成物が染料中間体とよばれている。したがって、ある特定の化合物群をいうわけではなく、芳香族系、複素芳香族系の有機工業薬品が、染料中間体として利用されている。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android