コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシリトールガムでむし歯を予防する きしりとーるがむでむしばをよぼうする

食の医学館の解説

きしりとーるがむでむしばをよぼうする【キシリトールガムでむし歯を予防する】

キシリトールとは、シラカバなどの樹脂から抽出された物質を原料とする天然素材の甘味料です。
 むし歯の原因の1つとして、むし歯菌であるミュータンス菌が糖を分解・発酵してつくる酸があげられます。
 キシリトールの場合、ミュータンス菌による発酵がほとんど起こらず、酸がでません。そのうえ、長期にわたって使用すると、この菌自体の繁殖力も弱まることが報告されています。また、キシリトールは、唾液の分泌をうながして酸を中和したり、唾液中のカルシウムがエナメル質と結びつく再石灰化を促進する効果も確認されています。
 キシリトールを配合したガムなどの製品を選ぶときは、次の2点がポイントです。
(1)その原料に50%以上キシリトールが配合されていること。
(2)キシリトール以外の甘味料も入っているときは、ソルビトール、マルチトール、マンニトールのような低酸性のものを使用していること。
 ヨーロッパ各国の歯科医師会では、食事のあとやおやつのあとにキシリトールガムをかむ習慣をつけ、また長期にわたって使用し続けることを推奨しています。
(日本フィンランド むし歯予防研究会発表資料より)

出典 小学館食の医学館について 情報

キシリトールガムでむし歯を予防するの関連キーワードキシリトール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android