コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キダチアロエ(木立アロエ) キダチアロエAloe arborescens; candelabra aloe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キダチアロエ(木立アロエ)
キダチアロエ
Aloe arborescens; candelabra aloe

ユリ科の低木状多肉植物で南アフリカ原産。剣状のとがったは,厚く多肉質で,葉縁に三角形の鋭いとげを密につける。橙赤色の花は,円錐形総状花序を形成する。日本では花の少い冬から早春にかけてが開花期なので,色鮮かな花がよく目立ち,伊豆地方や八丈島などでは,一面に植えて観光名所としているところもある。葉には強い苦みがあり,民間薬として利用される。やけどや切り傷虫刺されなどに葉の液汁を塗布したり,下剤や健胃剤として生食する。水はけのよい用土に植え,よく日に当てて育てる。冬は明るい室内に取込む。暖地では霜に当てなければ露地栽培が可能。株分けでふやすことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報