コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露地栽培 ろじさいばいopen field culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

露地栽培
ろじさいばい
open field culture

温室や温床などの特別の設備を使わず露天耕地作物を栽培する農法ビニル,紙おおい,防風垣,石垣などを利用して野菜花卉などを栽培すること。温暖地や高冷地の自然条件を利用して行われる促成栽培抑制栽培なども含む。温室栽培に比べ投下資本の少いのが特色。新潟,富山,京都北部のチューリップ,八ヶ岳山麓の白菜,キャベツなど日本各地で盛んに行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろじ‐さいばい〔ロヂ‐〕【露地栽培】

温室やフレームを用いず、露天の畑で野菜や草花を栽培すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

露地栽培【ろじさいばい】

作物を屋外の畑で栽培すること。普通は温室ビニルハウス,温床などの施設を用いて栽培することの多い花や野菜を露地に栽培することをさす。ダイコン,キャベツ,ハクサイなどで行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろじさいばい【露地栽培】

ハウスやトンネルなどの施設を利用せずに,戸外で野菜や花などを自然の状態で栽培すること。トマト,キュウリ,ナスなどは生育適温が高く,霜にあうと枯死してしまうので,露地栽培できる時期は限られる。これに対してダイコン,キャベツ,ハクサイなどは霜害をうけにくく,しかも温度や日長に対する反応が品種によって著しく異なるので,露地栽培のできる期間が長く,品種や栽培地域を替えることによって,露地での周年栽培も可能である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろじさいばい【露地栽培】

(温室やフレームを用いないで)普通の畑で花や野菜を栽培すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

露地栽培の関連キーワードキダチアロエ(木立アロエ)県内林産物の出荷制限キンセンカ(金盞花)完全閉鎖型植物工場ディモルフォセカビニルハウス栽培出水の実えんどうガーリックバイン出水のそらまめみやざきへべす赤羽根[町]サントリナ当麻[町]和田[町]ベニジウム鋸南[町]千倉[町]根占[町]白浜[町]白子[町]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露地栽培の関連情報