キミオコゼ(読み)きみおこぜ(英語表記)longhorn firefish

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キミオコゼ
きみおこぜ / きみ虎魚・きみ
longhorn firefish
[学]Pterois radiata

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。高知県以南、太平洋、インド洋に広く分布する。ミノカサゴ類のなかで、胸びれの鰭膜(きまく)が鰭条の先端まで伸びていないこと、背びれ棘(きょく)は12本であることなどでネッタイミノカサゴに似るが、吻端(ふんたん)に皮弁がないこと、尾柄(びへい)部に2本の白色の水平に走る帯状斑(はん)があること、胸びれに黒斑がないことなどで異なる。前と後ろが細い白線で縁取られた8本の褐色の帯が体を横切り、第1帯は目の上の皮弁から目を横切って鰓蓋(さいがい)の下部まで伸びる。沿岸の岩礁域やサンゴ礁域の外縁に生息。岩礁やサンゴ礁の穴やくぼみに潜むことが多い。体長は15センチメートルほどになる。
 ひれの棘(とげ)に強い毒があり、刺されると危険である。アンモニアは効かない。刺されたときは毒を絞り出し、ぬるま湯に浸けてもむとよい。水族館で飼育されることが多い。ほとんど食用にはされない。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android