キャメルケース(英語表記)camel case

デジタル大辞泉の解説

キャメル‐ケース(camel case)

コンピューターで、スペース(空白)を入れずに複合語を表記する際、単語の先頭を大文字にする方式。プログラミング言語やファイル名、ハッシュタグなどに用いられる。名称は、文字列がこぶのあるラクダ(キャメル)に見えることから。キャメル記法。→スネークケースチェーンケース
[補説]writeYourNameのように先頭を小文字にしたものをローワーキャメルケース、WriteYourNameのように大文字にしたものをアッパーキャメルケース(パスカルケース)として区別することもある。通常、単にキャメルケースとよぶ場合はローワーキャメルケースを指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android