小文字(読み)コモジ

  • こもんじ

デジタル大辞泉の解説

小さな字。
欧文の字体で、大文字(キャピタルレター)に対し、それ以外のものをいう。A・Bに対するa・bの類。スモールレター。⇔大文字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 小さな文字。
※四河入海(17C前)三「さて又我は遺例もなをりて、小文字をもかくぞ」
② 欧文の字体の一つ。大文字以外の文字。アルファベットのa・bの類。⇔大文字
※春興倫敦子(1935)〈福原麟太郎〉跋‐ Alt Heidelberg! 「我々はまだ花文字だけしか知らないで小文字は習ってゐなかった」
〘名〙
① 小さい文字。
② (「こ」は接頭語) 文字をちょっと知っていること。少々学問。
※咄本・醒睡笑(1628)四「小文字ある出家、俄かに連歌を稽古せんと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小文字の言及

【書】より

…一方,3世紀に,葦ペンに適した丸味のある筆線の美しさを備えたラテン語アンシャル体およびセミ・アンシャル体が現れ,以後500年間キリスト教世界の書籍用書体として重要な役割を果たした。ローマ帝国の崩壊後,西欧にはいくつかの地方的書体が生まれ,ラテン草書体から小文字minusculeが発展し,中世にはこれらの書体が標準的書籍用書体にまで高められていく。小文字は,ローマ地方行政令の書体から派生したメロビング体Merovingian(6世紀)としてフランク王国の文書で完成された。…

※「小文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小文字の関連情報