コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンベラ委員会 キャンベラいいんかいCanberra Comission on the Elimination of Nuclear Weapons

1件 の用語解説(キャンベラ委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャンベラ委員会
キャンベラいいんかい
Canberra Comission on the Elimination of Nuclear Weapons

正式には「核兵器廃絶のためのキャンベラ委員会」という。核兵器の廃絶を目指す世界賢人会議。 1995年にオーストラリアキーティング首相の発案により設立され,96年1月,キャンベラで第1回会議が開かれた。委員会の構成は,パグウォッシュ会議の創設メンバーノーベル平和賞受賞者のイギリス人物理学者ロートブラット,マクマナラ元米国防長官,ロカール元仏首相ら専門家 17人で,オーストラリアの国連大使・軍縮大使バトラーが座長を務める。 96年8月,核保有5ヵ国に対し無条件の核廃絶宣言を求めるなど現実的な方策を盛込んだ最終報告を作成し,9月の国連総会に提出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キャンベラ委員会の関連情報