コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョウノヒモ Grateloupia okamurai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョウノヒモ
Grateloupia okamurai

紅藻類カクレイト目ムカデノリ科の海藻潮間帯の波の静かなところの岩に着生する。葉状体は幅 1.5~2.5cmで,長さはときに 60cmに達することがある。軟骨のような硬さで,美しい紅色である。その縁と葉面にほぼ同じ長さの突起がたくさんついている。分布は本州中部沿岸,内海,九州西・北部,八丈島に及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

キョウノヒモ

からだは扁平で被針形。基部付近は細い円柱状の茎状となる。分枝はするものもしないものもある。生長した個体 では縁辺や体表面から小枝をマット状に密生するようになる。細胞層は皮層に小さな球形の細胞が多数並び,皮下層にやや大きな細胞が並ぶ。髄層は糸状細胞か らなる。手触りは若い個体では柔らかで滑らかだが,老成した個体では軟骨質になり弾力を持つようになる。生体は黄色がかった紅色〜暗紫紅色。押し葉標本は 台紙につかない。 似たものとしてヒラムカデやムカデノリが あるが,ヒラムカデは小枝が少なく,押し葉標本は台紙につき,ムカデノリは,表面からの小枝はもたず,基部付近に円柱状の部分がみられない。ただし,これ らは非常に形態変異が激しく,小枝をほとんど持たないキョウノヒモや,細かく分岐したヒラムカデなど典型種とかけはなれたものも多く,形態からの判断が非 常に難しい事がよくある。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のキョウノヒモの言及

【海藻】より

…海産植物のうちプランクトン以外の定着性のもので,日本では古くから食用にされ,親しまれてきた種類も少なくない。海藻はseaweedまたはmarine algaに当たり,海に生育する葉・茎・根の区別が明りょうでない隠花植物の総称である。分類上は緑藻,褐藻および紅藻が主体である。これに対し,海草はsea grassで,スガモ,アマモに代表される海産顕花植物である。海藻は世界で約8000種が知られ,日本の近海からも約1200種が見いだされている。…

【ムカデノリ(百足海苔)】より

…世界各地に分布する。近縁の種類にヒラムカデG.livida (Harvey) Yamada,キョウノヒモG.okamurai Yamada,カタノリG.divaricata Okamuraなどがある。前2種は南西諸島と北海道の寒海域を除く日本各地の潮間帯に生育するが,カタノリは日本海特産ともいうべき種で,分布域は日本海沿岸一帯および対馬海流が影響を及ぼす,津軽海峡から本州太平洋沿岸北部に限られる。…

※「キョウノヒモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キョウノヒモの関連キーワードムカデノリ(百足海苔)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android