コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリストの系譜 キリストのけいふGenealogy of Christ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリストの系譜
キリストのけいふ
Genealogy of Christ

『マタイによる福音書』1章1のイエス・キリストの系譜は,アブラハムからエッサイ,ダビデを経てイエスにいたり,『ルカによる福音書』3章 23以下の系譜は,イエスから遡行し,ダビデ,エッサイを経てアダムにいたる。さらに『ローマ書』 15章 12には『イザヤ書』 11章1以下によりつつ,「エッサイの根」とその「ひこばえ」であるキリストが言及されている。 810年頃の作である『ロルシュ福音書』には『マタイによる福音書』に基づき 13×3世代のイエスの祖先たちが描かれているが,1000年頃作られたベロナの聖ツェノ聖堂青銅扉浮彫には,横たわるエッサイの腰のあたりから生え出た枝の上にイエスとその祖先たちが表わされている。 1140年頃聖ドニ修道院長のシュジェールが考案したステンドグラスの「エッサイの木」の図像は,シャルトルでも 50年頃採用され,特に有名である。「エッサイの木」の枝には聖母子を中心に聖霊のはと,キリストの祖先,王,預言者らを配する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キリストの系譜の関連キーワード生命の木

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android