コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト教建築 キリストきょうけんちくChristian architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教建築
キリストきょうけんちく
Christian architecture

キリスト教における典礼式の執行,信徒志願者の教育,授洗,儀式用祭具や施物の保管,聖職者の定住などの諸機能を果す専用の建築物で,聖堂のほかに,殉教者をまつる記念堂,墓廟,洗礼堂,修道院などがある。 313年ローマ帝国によるキリスト教公認以来,重要な公共建築の一つとして各地に多数建設された。その建築様式も時代の推移とともに変遷したが,キリスト教建築としての代表的な聖堂についていえば,4世紀頃発展したバシリカ式聖堂,ビザンチン帝国時代の集中式平面の聖堂,9~15世紀にいたるロマネスクゴシック様式によるバシリカ式聖堂の発展などがみられる。 19世紀以降各種材料と最新の技術を用い,現代にふさわしい宗教建築の表現を求めて,さまざまな形式による聖堂が造られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキリスト教建築の言及

【イタリア美術】より

…長方形のプランをもち,入口の反対側に聖域としてのアルコ・トリオンファーレとアプスをもつ3廊形式のバシリカは,俗界から入って神へと進むキリスト教的信仰の空間に合致している。また調和的世界の象徴である円堂(集中式プラン)は,権威的空間ではなく平和と和合の空間として,バシリカとともにキリスト教建築の伝統の二大形式となった。前者はローマのサン・パオロ・フオリ・レ・ムーラ教会,後者にはラベンナのサン・ビターレ教会がある。…

【教会堂建築】より

…キリスト教建築は,教会堂(聖堂),洗礼堂,記念堂(マルティリウム),墓廟,修道院,学校などからなるが,教会堂建築はその中核をなすものである。本項ではローマ・カトリック教会とギリシア正教会の教会堂を中心に,その変遷を概観する。…

※「キリスト教建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キリスト教建築の関連キーワードセビージャの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂[ラベンナ]バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサンサンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂[ラベンナ]サンタポリナーレインクラッセ聖堂サン・ビターレ聖堂[ラベンナ]アラゴン州のムデハル様式建造物サンタポリナーレヌオボ聖堂ガッラプラチーディア廟墓カラト・セマーン修道院ガラ・プラキディア廟セビリアのアルカサルサン・ビターレ教会初期キリスト教建築ネオニアーノ洗礼堂アッパースバネティビザンティン美術イル・ジェズ聖堂サンビターレ聖堂クリュニー修道院

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android