キリスト教徒の農事詩(読み)キリストキョウトノノウジシ

デジタル大辞泉の解説

キリストきょうとののうじし〔‐ケウトのノウジシ〕【キリスト教徒の農事詩】

《原題、〈フランス〉Les Géorgiques chrétiennesジャムの詩集。1912年刊行。古代ローマの詩人ウェルギリウスの「農耕詩」に着想を得て、農民たちの素朴な暮らしをうたったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android