コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルタ キルタCirta

1件 の用語解説(キルタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルタ
キルタ
Cirta

古代北アフリカヌミディアの首都。現アルジェリアコンスタンティーヌ。前3世紀イタリア商人根拠地となる。ローマ領となり2~3世紀には穀物,鉱石の輸出港として繁栄。一時さびれたが,コンスタンチヌス1世 (大帝) が再建しその名を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のキルタの言及

【コンスタンティーヌ】より

…ルメル川の深い峡谷に面し,市街地の直下200mの断崖は壮観である。 古代,カルタゴにより都市が建設され,キルタCirtaと呼ばれた。ローマ時代にも植民都市となり,311年戦争で廃虚となったが,コンスタンティヌス1世により再建されたので現在の地名がある。…

【ヌミディア】より

…以後ヌミディア王家は,ローマの地中海制覇に軍事協力(おもに騎兵を提供)しつつカルタゴ領を侵食し,王領地拡大,国内ポエニ系都市支配,ギリシア世界との交流を軸に部族首長からの脱皮を目ざした。首都キルタCirta(現,コンスタンティーヌ)近郊には巨大な王廟が残り,王名入りの鋳造貨幣も各地で出土している。ポエニ語が広く用いられた。…

※「キルタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キルタの関連情報