コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルタ キルタ Cirta

1件 の用語解説(キルタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルタ
キルタ
Cirta

古代北アフリカヌミディアの首都。現アルジェリアコンスタンティーヌ。前3世紀イタリア商人根拠地となる。ローマ領となり2~3世紀には穀物,鉱石の輸出港として繁栄。一時さびれたが,コンスタンチヌス1世 (大帝) が再建しその名を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキルタの言及

【コンスタンティーヌ】より

…ルメル川の深い峡谷に面し,市街地の直下200mの断崖は壮観である。 古代,カルタゴにより都市が建設され,キルタCirtaと呼ばれた。ローマ時代にも植民都市となり,311年戦争で廃虚となったが,コンスタンティヌス1世により再建されたので現在の地名がある。…

【ヌミディア】より

…以後ヌミディア王家は,ローマの地中海制覇に軍事協力(おもに騎兵を提供)しつつカルタゴ領を侵食し,王領地拡大,国内ポエニ系都市支配,ギリシア世界との交流を軸に部族首長からの脱皮を目ざした。首都キルタCirta(現,コンスタンティーヌ)近郊には巨大な王廟が残り,王名入りの鋳造貨幣も各地で出土している。ポエニ語が広く用いられた。…

※「キルタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キルタの関連キーワードヌミディアアフリカ菫アフリカ舞舞ホワイトアフリカ北阿アフリカデーアフリカユニティ広場アフリカン・ピアノユバ[2世]ヌミディア人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キルタの関連情報