キングウィリアムズタウン(英語表記)King William's Town

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングウィリアムズタウン
King William's Town

南アフリカ共和国東ケープ州中南部の町。イーストロンドン西方約 50km,バファロー川に臨む。1826年に布教活動の拠点として建設され,1835年以降イギリス領カフラリア軍司令部,ドイツ人による入植の拠点となったのち,1861年に町制。商業中心地で,食品工業,バスの車体製造,金属加工のほか,郊外に繊維工場もある。後背地は南アフリカで最も豊かな農業地帯。大学,博物館がある。地名はイギリス王ウィリアム4世にちなむ。イーストロンドンと連接して大都市圏を形成している。人口 2万8118(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android