コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キージ[島] キージ

百科事典マイペディアの解説

キージ[島]【キージ】

ロシア北西部,オネガ湖にある小さな島。中世には白海とノブゴロドを結ぶ海上路の中継地として栄えた。釘を1本も使わずに建てられた木造のプレオブランジェスカヤ教会で知られる。
→関連項目キージ島の木造教会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のキージ[島]の言及

【ロシア・ソビエト美術】より

…赤い壁面に白で装飾したもの,彩色陶板を用いたものなど,華やいだものが流行した。この時期は,石造建築から影響を受けた木造建築が著しい発展期を迎え,コロメンスコエKolomenskoeの宮殿やキージKizhi島の教会堂にみるように,幻想的な秀作を残した。
[新首都の誕生と近代化]
 18世紀前期は,新首都ペテルブルグ造営のために招かれたフランス,ドイツ,オランダなどの建築家がルネサンス,バロック様式を伝え,ロシア・バロック様式に発展させた時期であった。…

※「キージ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キージ[島]の関連情報