コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キールホルン キールホルンKielhorn, Franz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キールホルン
Kielhorn, Franz

[生]1840.5.31.
[没]1908.3.19.
ドイツのインド学者。ゲッティンゲン大学教授。イギリスでモニエル=ウィリアムズの『梵英辞典』の作成を援助,インドで J.ビューラーとともに『ボンベイ梵語叢書』を刊行。西部インドのサンスクリット写本を採集し,また古代碑文を研究し,4世紀以後のインド史研究に貢献。『インド=アリアン言語古代学基本叢書』『インド=アリアン研究百科事典』の刊行をビューラーの死後引継ぎ,またパタンジャリの『大疏』の校訂出版を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

キールホルン

生年月日:1840年5月31日
ドイツのインド学者
1908年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

キールホルンの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android