キーロガー(読み)きーろがー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キーロガー

パソコン上での操作を記録するソフト。使用したアプリケーション、入力した文字列などを履歴として記録する。従来、プログラムの動作確認などに使用されるが、新たなネットワーク犯罪手口として問題視されている。ネットカフェなど、公共のパソコンにキーロガーをインストールしておくと、インターネットバンキングを利用したユーザーの口座番号やパスワードが記録される。犯罪者は、後日ユーザーの個人情報を入手し、銀行口座からお金を引き出すというもの。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キー‐ロガー(key logger)

コンピューターのキーボードからの入力内容を記録するアプリケーションソフト。本来コンピューターの不正使用を防止する目的で用いられていたが、パスワードやクレジット番号の盗用などに悪用されることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

キーロガー【key logger】

キーボードからの入力情報を記録するためのソフトウェアハードウェア。本来は、不正な操作の確認やデバッグのために用いられる。他人が使用するパソコンにこのソフトウェアをインストールし、パスワードやクレジットカードの暗証番号などを盗み出すことに悪用されることもある。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

キーロガー【key logger】

〔ロガーは自動記録器の意〕
パソコンのキーボード操作の内容を記録するソフトウエアの総称。不正操作の監視などに用いられるが、他人の ID やパスワードなどの個人情報を盗み出すために悪用されることも多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android