キーロフ州(読み)キーロフ(英語表記)Kirov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーロフ〔州〕
キーロフ
Kirov

ロシア西部の州。州都キーロフ東ヨーロッパ平原東部にあり,ビャトカ川流域のほぼ全域を占める。ビャトカ川の広い谷と,北部のセーベルヌイエウバルイ丘陵,東部の上カマ丘陵などからなる。大部分が針葉樹林地帯に入り,泥炭地や湿地帯が広がる。林業が盛んで,製材,木材加工,家具,パルプなどの工業が発達するほか,機械,鉄・非鉄冶金,化学,食品などの工業がある。農業部門ではライムギ,カラスムギ,ジャガイモなどの栽培が行なわれるが,発展した農業地帯ではなく,1930年代以降農村部からの人口流出が続いている。州内交通はキーロフを中心に延びる鉄道とハイウェーにより,ビャトカ川が水運に利用される。面積 12万800km2。人口 144万2935 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android