ギス族(読み)ギスぞく(英語表記)Gisu; Gishu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギス族
ギスぞく
Gisu; Gishu

ビクトリア湖の北東,ウガンダケニアとの国境付近にあるエルゴン山の西斜面に居住するバンツー語系農耕民で,雑穀類,ソーガム,プランテンバナナを栽培する。人口は 100万をこえると推定される。小地域ではあるが人口密度はかなり高く,土地不足は古くから深刻な問題であった。出自や相続は父系をたどり,地域集団同士の関係が出自の特有の言語で表現される分節的リニージ体系をもつ。伝統的に中央集権化された政治形態をもたず,世襲ではない小出自集団の長が指導者であった。複雑な男子のイニシエーション儀礼が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のギス族の言及

【ウガンダ】より

…【中村 和郎】
[住民,社会]
 国名が〈ガンダ族の国〉に由来するように,ガンダ族が最大の人口(1983年で17.8%)を持つ。ついでテソ族(8.9%),アンコーレ族(8.2%),ソガ族(8.2%),ギス族(7.2%),チガ族(6.8%),ランゴ族(6.0%)などが有力である。 ウガンダの住民構成は,さまざまな種族の移住の歴史により複雑になっている。…

※「ギス族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android