コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュストロー Güstrow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギュストロー
Güstrow

ドイツ北東部,メクレンブルクフォアポンメルン州の都市。ロストクの南方,ネーベル川沿いに位置する。 13世紀から商業の中心として栄え,1520~1695年にはメクレンブルク=ギュストロー公領の首都となる。公の居城 (1558~64) ,13世紀の大聖堂など歴史的建造物が多い。家畜飼養の盛んな農業地帯の中心にあり,エンジン製造,食品加工,製材などが行われる。北部ドイツのウィンタースポーツの中心地でもある。人口3万 7513 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android