コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヨーム[9世] Guillaume IX

1件 の用語解説(ギヨーム[9世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ギヨーム[9世]【Guillaume IX】

1071‐1126
フランス中世の諸侯の一人で,詩人として名を残した。通称ギヨーム・ダキテーヌGuillaume(/)d’Aquitaine。アキテーヌ公として,またポアティエ伯として,国王をしのぐ広大な所領の持主であった。しかし武人,政治家としての手腕は必ずしも芳しくなく,素行不良のかどで教皇から何度も破門処分にあうが,天才的詩人であった。現存11編の詩のうち,約半数は奔放ときに好色だが,残る半数は,すぐれた貴婦人に対する愛を歌い,トルバドゥールの始祖とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギヨーム[9世]の関連キーワード上西門院大治金(中国の王朝)藤原為房ヤロスラブリ輪田荘教禅藤原宗通源能俊王韶

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone