コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア独立記念日 ギリシアどくりつきねんび

1件 の用語解説(ギリシア独立記念日の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

ギリシアどくりつきねんび【ギリシア独立記念日】

バルカン半島の最南端に位置し、エーゲ海に浮かぶ数千もの島々を擁するギリシアが、他国の支配から独立した記念日。ギリシアの各地では記念式典が催され、首都アテネでは大規模な軍事パレードが行われる。主な会場は、国会議事堂前のシンタグマ広場からオモニア広場まで続くパネピスティミウ通り。戦闘機が上空を飛び交い、地上を戦車や兵士が行進する。一般の人々も民族衣装を身にまとって行事を行う。独立記念日は3月25日。1821年に、長年支配を受けてきたオスマン帝国から独立した。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギリシア独立記念日の関連キーワードアナトリアエーゲ海バルカン半島パロス島ミロス島巴爾幹カッサンドラ半島ティラ島ネアカメニ島Βάρκιζα

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone