コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンリョウソウモドキ ギンリョウソウモドキ Monotropa uniflora; Indian pipe

1件 の用語解説(ギンリョウソウモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンリョウソウモドキ
ギンリョウソウモドキ
Monotropa uniflora; Indian pipe

イチヤクソウ科の多年草東アジア北アメリカの温帯に分布し,生育場所や形態はギンリョウソウに似ているが,花の時期が遅く果実が乾いた 蒴果となる点で異なる。アキノギンリョウソウともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギンリョウソウモドキの言及

【ギンリョウソウ(銀竜草)】より

…千島,サハリン,日本,朝鮮,中国,ヒマラヤに分布する。 ギンリョウソウモドキMonotropa uniflora L.(英名Indian pipe)はギンリョウソウに似るが,晩夏から秋に開花し,萼片の縁は不規則に裂け,子房は3~5室,果実は上向きにつく蒴果(さくか)なので区別される。東アジア,北アメリカの温帯に広く分布し,アキノギンリョウソウの名もある。…

【シャクジョウソウ(錫杖草)】より

…北海道から九州にみられ,北半球の温帯,亜寒帯に広く分布する。 同属のギンリョウソウモドキ(一名アキノギンリョウソウ)M.uniflora L.(英名Indian pipe)は全体白色で茎上に1個の花をつけ,ギンリョウソウに似ているが,秋咲きで蒴果(さくか)を作るので異なる。【山崎 敬】。…

※「ギンリョウソウモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギンリョウソウモドキの関連キーワードイチヤクソウ(一薬草)一薬草梅笠草錫杖草蠅毒草小一薬草エヒメアヤメトモエソウベニバナイチヤクソウホウチャクソウ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone