コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイアバ川 クイアバがわRio Cuiabá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイアバ川
クイアバがわ
Rio Cuiabá

ブラジル中部西寄り,マトグロッソ州を流れる川。ラプラタ川水系パラグアイ川の左岸支流。全長約 480km。マトグロッソ高原北西部,アマゾン川水系との分水界に源を発し,南西に流れて同高原を流下したのち,南南東流して州都クイアバを過ぎ,パンタナルと呼ばれる大湿原地帯に出る。ここで南西へ流れを変え,ボリビアとの国境付近でコルンバの上流のパラグアイ川に注ぐ。下流部はいくつかの川に分流,そのうちの一つがサンロレンソ川と合流するため,両川を含めてクイアバ川と呼ぶこともある。上流域では砂金を産する。コルンバからクイアバまでは定期船が就航。それより上流も小型船で航行可能で,運河を経てアマゾン川水系アリノス川へ出ることもでき,同川からタパジョス川を下るとアマゾン川下流部に達する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android