コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂金 さきん alluvial gold

7件 の用語解説(砂金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂金
さきん
alluvial gold

細粒状の自然産金。原鉱石が風化作用で壊食され,包含されていた自然金の細粒が河川,海浜などで砂に混入して存在するもの。採集には,原始的な方法として金と砂粒との比重差を利用し,水流で砂粒を流し去って残った金の細粒を得る方法が用いられ,それに樋流し法,揺り箱法などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さ‐きん【砂金/沙金】

金鉱床が浸食されて砂粒状になった金が水に流されて、河床や海岸などの砂礫(されき)中に沈積したもの。しゃきん。→山金(やまきん)
[補説]書名別項。→砂金

しゃ‐きん【砂金】

さきん(砂金)

さきん【砂金】[書名]

西条八十の第1詩集。大正8年(1919)に自費出版。40編の詩、9編の童謡、3編の散文詩からなる。大正7年(1918)、雑誌「赤い鳥」に掲載された代表作「かなりあ」を所収。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

砂金【さきん】

砂鉱として存在する金。河床や海浜の砂礫(されき)中に細片で散在するが,ときには大型の塊金が出ることもある。純度は通常800/1000以上。磁鉄鉱チタン鉄鉱,石英,モナズ石ジルコンなどと共存する。
→関連項目金鉱砂鉱床山金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さきん【砂金 placer gold】

〈しゃきん〉ともいい,古くは〈すなかね〉といった。金鉱床が風化浸食を受けて,自然金が砂や礫とともに堆積したもの。自然金は分解されにくく,また比重が15~19と大きいため流水によるふるい分けを受け,河床や扇状地などに集まりやすい。普通,すりきずの入った丸みのある小粒を示すが,まれに塊金として産することがある。砂金鉱床としては,カリフォルニアアラスカウラル山脈が有名だが,小規模なものは世界各地に存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃきん【砂金】

さきん(砂金) 」に同じ。 〔日葡〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の砂金の言及

【金売吉次】より

…《平治物語》(古活字本),《平家物語》剣巻,《源平盛衰記》《義経記》などに登場し,各地に伝説としても伝わる。《玉葉》文治3年(1187)9月の記事に,当時,奥州を中心に砂金を売買する商人が活躍した由が見え,吉次も都と奥州とを往来する金商人のひとりと考えられる。《義経記》に,吉次は大福長者で,鞍馬の多聞天を信奉し,〈(牛若丸を)かどはかし参らせて,御供して秀衡の見参にいれ,引出物とりて徳つかばや〉と強欲で人買的なところを見せる。…

【金】より

…石英脈中に含まれることが多く,山金(やまきん)と呼ばれるものはこれである。大部分は岩石の風化によって砂金として川砂中に存在する。日本でも椀掛けといって,木製または金属製の揺り鉢に入れ,水を加えて揺り動かして砂や粘土と選別する方法が古来使われてきた。…

【砂金】より

…普通,すりきずの入った丸みのある小粒を示すが,まれに塊金として産することがある。砂金鉱床としては,カリフォルニア,アラスカ,ウラル山脈が有名だが,小規模なものは世界各地に存在する。南アフリカ共和国のウィットウォーターズランドの含金ウランレキ岩は先カンブリア紀の砂金鉱床であり,現在,世界最大の産地となっている。…

【砂金】より

…普通,すりきずの入った丸みのある小粒を示すが,まれに塊金として産することがある。砂金鉱床としては,カリフォルニア,アラスカ,ウラル山脈が有名だが,小規模なものは世界各地に存在する。南アフリカ共和国のウィットウォーターズランドの含金ウランレキ岩は先カンブリア紀の砂金鉱床であり,現在,世界最大の産地となっている。…

※「砂金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砂金の関連キーワード射騎しゃきしゃきしゃきっと謝金中根しゃきば・る墨金めきしゃきメガシャキ諸謝金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砂金の関連情報