クウェジェリン環礁(読み)くうぇじぇりんかんしょう(英語表記)Kwajalein Atoll

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クウェジェリン環礁
くうぇじぇりんかんしょう
Kwajalein Atoll

太平洋西部、ミクロネシア東部、マーシャル諸島にある環礁。クエゼリン環礁ともいう。別名メンシコフMenschikoff島。北西から南東へ長さ126キロメートル、礁湖の面積1684平方キロメートルに及ぶ世界最大の環礁で、38の小島からなる。人口1万0902(1999)。環礁の中は優れた投錨(とうびょう)地で、最南端の主島クウェジェリン島には滑走路がある。マーシャル領であるが、1945年以来アメリカ軍のミサイル基地がある。クウェジェリン島と北隣のエベイエEbeye島に、おもに基地で働く人々が住む。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

クウェジェリン‐かんしょう〔‐クワンセウ〕【クウェジェリン環礁】

Kwajalein》太平洋中西部、マーシャル諸島共和国にある環礁ラリック諸島中央部に位置し、三日月型をしている。最南端の主島クウェジェリン島をはじめ大小38の島からなる。礁湖の面積は1684平方キロメートルで世界最大。主要な島は米国に租借されており、弾道ミサイルの試験場がある。クエゼリン環礁。クワジェリン環礁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android