コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオークの閉(じ)込め クオークノトジコメ

1件 の用語解説(クオークの閉(じ)込めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クオーク‐の‐とじこめ【クオークの閉(じ)込め】

クオークは単独の自由粒子として存在しないという性質。クオークは、直接観測にかからない色荷カラーチャージ)とよばれる自由度をもち、強い相互作用によって結びついてハドロンを構成する。量子色力学によると、クオークは赤・緑・青の混色、または補色どうしの混色によって白色となるときに安定して存在するため、色をもつ単独の状態を観測することはできないと考えられている。色の閉じ込め。カラーの閉じ込め。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone