クオークの閉(じ)込め(読み)クオークノトジコメ

デジタル大辞泉の解説

クオーク‐の‐とじこめ【クオークの閉(じ)込め】

クオークは単独の自由粒子として存在しないという性質。クオークは、直接観測にかからない色荷(カラーチャージ)とよばれる自由度をもち、強い相互作用によって結びついてハドロンを構成する。量子色力学によると、クオークは赤・緑・青の混色、または補色どうしの混色によって白色となるときに安定して存在するため、色をもつ単独の状態を観測することはできないと考えられている。色の閉じ込め。カラーの閉じ込め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android