コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサビフグ クサビフグRanzania laevis

2件 の用語解説(クサビフグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサビフグ
クサビフグ
Ranzania laevis

フグ目マンボウ科の海水魚。全長 1m。マンボウに似るが,体がやや細長く,腹方が強く側扁する。体の後半が切れたような形をしている。全世界の熱帯・亜熱帯海域に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサビフグ
くさびふぐ / 楔河豚
[学]Ranzania laevis

硬骨魚綱フグ目マンボウ科に属する海水魚。本州中部地方以南の各地、および世界中の熱帯水域に分布する。体は強く側扁(そくへん)し、やや長い。背びれと臀(しり)びれは体の最後部で対在する。真の尾びれはなく、舵(かじ)びれclavusが尾部にある。口は閉じると垂直の裂孔となる。このような口はほかの魚にはみられない。全長50センチメートルに達する。産卵期は1~3月で、卵は分離浮性卵。幼期に著しい変態をする。孵化(ふか)直後の仔魚(しぎょ)は、ハコフグの甲らに似た薄い骨性の膜に包まれている。やがて、この甲らに多数の棘(とげ)が発達し体高も大きくなり、未発達の尾びれも生じる。成長するにつれて棘は退縮し、体高は小さくなり、尾びれは消失する。マグロ延縄(はえなわ)で漁獲され、肉は食用となる。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクサビフグの言及

【マンボウ】より

…肉は白身で軟らかく,味は淡白。 同じマンボウ科の海産魚のクサビフグRanzania laevisは世界中の暖海にすみ,その分布域は北はスカンジナビア,南はニュージーランドにわたる。体型はマンボウに似ているがやや細長く,側扁し,全体としてくさび形を呈する。…

※「クサビフグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサビフグの関連情報