コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサンティッペ Xanthippe

翻訳|Xanthippe

大辞林 第三版の解説

クサンティッペ【Xanthippe】

ソクラテスの妻。夫を理解せず常に夫をののしっていたといい、古来、悪妻とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサンティッペ
くさんてぃっぺ
Xanthippe

生没年不詳。ソクラテスの妻。かなり晩年のソクラテスと結婚したらしく、彼が刑死したとき(前399)、下の2人の息子ソプロニスコスとメネクセノスはまだ子供であった。彼女は後妻であったとの伝えもあるがさだかでない。妻として、彼女は夫の言動をまったく理解せず、つねに口汚く夫を軽蔑(けいべつ)、ののしっており、古来、悪妻の代表として有名である。あるとき、彼女がソクラテスをどなりつけ水をぶっかけると、ソクラテスは「そら私のいったとおりクサンティッペがごろごろいうとあとは夕立だ」とすましていたという。しかし、彼女の悪妻ぶりについては後世の誇張が多分に込められており、確実なものはほとんどないといわれている。[真下英信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクサンティッペの言及

【ソクラテス】より

…母ファイナレテは助産術を心得ていた。クサンティッペXanthippēと結婚したのはかなり晩年のことで,ソクラテスが死んだとき,3人の子どもはまだ年少であった。有名な悪妻伝説は,おおむね後代の誇張された作り話である。…

※「クサンティッペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クサンティッペの関連キーワード古来悪妻

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android