軽蔑(読み)ケイベツ

デジタル大辞泉の解説

けい‐べつ【軽蔑】

[名](スル)いやしいもの、劣ったものなどとみなして、ばかにすること。さげすむこと。「軽蔑に値する振る舞い」「いかにも軽蔑した笑い方」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐べつ【軽蔑】

〘名〙 いやしい、劣っている、つまらないなどと感じてばかにすること。かるくみてあなどること。さげすむこと。見下げること。
※懐風藻(751)釈智蔵伝「同伴軽蔑、以為鬼狂
※新聞雑誌‐六〇号・明治五年(1872)九月「神を軽蔑(ケイベツ)すること本地垂跡の説をなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報