クサンティッポス(英語表記)Xanthippos

世界大百科事典 第2版の解説

クサンティッポス【Xanthippos】

前5世紀初頭アテナイの政治家,軍人。生没年不詳。ペリクレスの父。改革者クレイステネスのめいを妻とし,政界で活躍。前489年マラトン合戦の功労者ミルティアデスを民会で弾劾して有罪にしたが,前484年には陶片追放に遭う。前480年ペルシア軍を迎えての大赦令により帰国。翌年ストラテゴス(将軍)に選ばれ,アテナイ海軍を指揮してペルシア軍を追い,ミュカレの戦で勝利,翌年ペルシアの根拠地セストスを攻略した。【藤縄 謙三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android