コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサンティッポス Xanthippos

1件 の用語解説(クサンティッポスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クサンティッポス【Xanthippos】

前5世紀初頭アテナイの政治家,軍人。生没年不詳。ペリクレスの父。改革者クレイステネスのめいを妻とし,政界で活躍。前489年マラトン合戦の功労者ミルティアデスを民会で弾劾して有罪にしたが,前484年には陶片追放に遭う。前480年ペルシア軍を迎えての大赦令により帰国。翌年ストラテゴス(将軍)に選ばれ,アテナイ海軍を指揮してペルシア軍を追い,ミュカレの戦で勝利,翌年ペルシアの根拠地セストスを攻略した。【藤縄 謙三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クサンティッポスの関連キーワードアイスキネスアテナイキモンクレイステネスクレオンテミストクレスデモステネスドラコンペイシストラトスペリクレス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone