有罪(読み)ユウザイ

  • うざい
  • ゆうざい イウ‥
  • ゆうざい〔イウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

刑事訴訟において,裁判所が宣告する裁判の一種。〈無罪〉の判決と同様,事件について審理を尽くした後,犯罪の証明の有無について判断を示す点で,手続上の理由に基づき審理を打ち切る裁判――公訴棄却(刑事訴訟法338,339条),免訴(337条),管轄違い(329条)――と区別される。裁判所は,公判検察官が主張した事実について犯罪の証明があったと判断したとき有罪の判決をする(333条1項)。その証明の程度は〈合理的な疑いを超えるbeyond a reasonable doubt〉高度のものでなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

罪があること。
刑事事件で、被告人の行為を犯罪とすること。また、その旨の判決。 -判決
▽⇔ 無罪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 罪のあること。ゆうざい。⇔無罪
※中院本平家(13C前)七「道理、非理を論ぜず、うさい、むざいをいはず、権門勢家を追捕し」
※曾我物語(南北朝頃)四「斯かる不覚人、うざいとも、むざいとも言葉に足らざる奴めをば」
〘名〙
① (道徳上・宗教上・法律上などの) 罪のあること。罪を身に有すること。〔文明本節用集(室町中)〕
※史記抄(1477)一五「城旦と云は有罪の者の殺まではない者には、城門を旦にあけたりなんどする役をさするぞ」 〔春秋左伝‐隠公一一年〕
② 刑事事件の被告人に対し、裁判所の判決で、犯罪事実および刑事責任の存在を認められたこと。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判筆記「有罪と決せられたる者あれは、素より刑に処すへし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有罪の関連情報