クサール・アキル遺跡(読み)クサール・アキルいせき(英語表記)Ksar Akil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサール・アキル遺跡
クサール・アキルいせき
Ksar Akil

レバノン,ベイルート郊外にある旧石器時代の洞窟遺跡。中期旧石器時代から中石器時代にいたる 19m以上の厚さの堆積があり,その層位関係は西アジア旧石器文化の研究上,最重要なものである。特にクサール・アキル移行期と呼ばれる中期旧石器時代から後期旧石器時代への移行の時期が重要で,中期旧石器文化的な素材に後期旧石器文化を特徴づける石器がつくられている。このことは中期旧石器文化から後期旧石器文化への移行が徐々になされたことを物語っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android