コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサール・アキル遺跡 クサール・アキルいせき Ksar Akil

1件 の用語解説(クサール・アキル遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサール・アキル遺跡
クサール・アキルいせき
Ksar Akil

レバノン,ベイルート郊外にある旧石器時代洞窟遺跡中期旧石器時代から中石器時代にいたる 19m以上の厚さの堆積があり,その層位関係は西アジア旧石器文化の研究上,最重要なものである。特にクサール・アキル移行期と呼ばれる中期旧石器時代から後期旧石器時代への移行の時期が重要で,中期旧石器文化的な素材に後期旧石器文化を特徴づける石器がつくられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサール・アキル遺跡の関連キーワード後期旧石器時代新石器時代前期旧石器時代中期旧石器時代先縄文時代新石器ハムラハリッサレバノン戦争続旧石器時代

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone