コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジャクヒバ

2件 の用語解説(クジャクヒバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クジャクヒバ

ヒノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クジャクヒバ
くじゃくひば / 孔雀檜葉
[学]Chamaecyparis obtusa Endl. cv. Filicoides

ヒノキ科の常緑低木または小高木で、単幹状の樹形になる。長枝の左右に、四角い柱状の小枝が羽状に密につき、最小枝の分岐が少なく、小さい鱗状(りんじょう)葉が密生。ヒノキの園芸品種で、当年枝の葉の表面が黄金色になるものをオウゴンクジャクヒバといい、庭園や公園によく植栽され、いけ花にも用いる。繁殖は挿木による。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクジャクヒバの言及

【ヒノキ(檜)】より

…小枝が短く扇形に分岐し,樹形のまとまったチャボヒバにも黄色のキフチャボヒバがある。クジャクヒバは長い枝の両側に断面四角形の小枝が水平に密生したもので,これにも黄色品オウゴンクジャクヒバがある。カナアミヒバは鱗片葉が4~5列ついて,小枝断面が四角くなり表裏の別がなくなったもので,同じ枝形で葉の線形のものをホウオウヒバ(別名シシンデン)という。…

※「クジャクヒバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone