コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジル・オルダ くじるおるだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クジル・オルダ
くじるおるだ
Кзыл‐Орда Kzl-Orda

中央アジア、カザフスタン共和国クジル・オルダ州の州都。キジロルダKyzylorda,Qyzylordaとも表記する。アラル海の東約250キロメートルのシルダリヤ右岸にある。人口15万7400(1999)。ウズベキスタンのタシケントとロシアのサマラを結ぶ鉄道の要地であり、またキジルクム砂漠を横断して西に通ずる唯一の自動車道がある。砂漠地帯であるが、灌漑(かんがい)による米、ウリの栽培、カラクール(カラクール種のヒツジ)の飼育が盛んである。工業では製紙、建材、家具、メリヤス、食品製造などの軽工業の発展が期待されている。19世紀前半に、アク・メチェト要塞(ようさい)として建設されたが、1853年ロシア軍に占領され、ペロフスク要塞とよばれるようになった。1917年十月革命後、カザフ共和国樹立に伴い、クジル・オルダ(カザフ語で「赤の都」の意)と改称された。なお、1924~29年は同共和国の首都であった。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクジル・オルダの言及

【カザフスタン】より

…21‐22年,土地・水利改革によって,帝制政府によって取り上げられていた土地47万haがカザフ人に返還された。24年10月の中央アジアのソビエト共和国間の境界画定によってカザフ人の住むシル・ダリヤ州,セミレチエ州の領域は,自治キルギス共和国に入れられ,25年には首都がオレンブルグから中央部のクジル・オルダKzyl‐Ordaへ移された。首都は29年にはアルマ・アタ(現,アルマトゥイ)へ移される。…

※「クジル・オルダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android