コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クソン(亀城)市 クソンKusǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クソン(亀城)〔市〕
クソン
Kusǒng

北朝鮮,ピョンアンプク (平安北) 道の中部にある工業都市。チョギュリョン (狄踰嶺) 山脈末端の南麓にテリョン (大寧) 江の支流が形成した沖積平野にある。年降水量は 1300mmで,朝鮮半島における多雨地の一つ。また気温の年較差が大きい。 1019年高麗軍が契丹軍との戦いで大勝した地。米とトウモロコシの栽培が盛んで,金の産地としても知られていた。朝鮮戦争中に工業が興り,内陸工業都市として発展。工作機械,鉱山機械などの工場があり,輸出も行われている。繊維,化学調味料の工場もある。ピョンブク (平北) 鉄道が通り,ピョンドク (平徳) 鉄道と接続する。人口 17万 7000 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クソン(亀城)市の関連キーワードピョンアンプク(平安北)道

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クソン(亀城)市の関連情報