コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学調味料 かがくちょうみりょう

7件 の用語解説(化学調味料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学調味料
かがくちょうみりょう

人工調味料の一種で,天然のうまみ成分を工業的に生産したもの。現在は微生物を利用する発酵生産が多い。従来用いられてきた化学調味料としては,1908年池田菊苗によりこんぶのうまみから発見されたグルタミン酸ソーダをはじめコハク酸,コハク酸ソーダがあるが,近年核酸系調味料として,12年小玉新太郎によりかつお節のうまみ成分として発見された5′-イノシン酸ソーダと,60年国中明らによりしいたけのうまみから認められた5′-グアニル酸ソーダも用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがく‐ちょうみりょう〔クワガクテウミレウ〕【化学調味料】

旨み調味料」の旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

化学調味料【かがくちょうみりょう】

コンブ,かつお節などのうま味成分の代表的なものを抽出または化学的に合成した調味料。コンブグルタミン酸ナトリウム,かつお節のイノシン酸ナトリウム,シイタケのグアニル酸ナトリウム,貝類のコハク酸ナトリウムなどがあり,これらを混合した複合化学調味料もつくられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

化学調味料

 →うま味調味料

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かがくちょうみりょう【化学調味料 chemical seasoning】

化学的あるいは酵素的に処理して得られる天然物のうま味成分,またはそれらのいくつかを混合した調味料。食物の味には,甘,塩,酸,辛,苦の5味があり,さらにこれらで表せない6番目の味にうま味がある。日本でも西洋でも,料理の基本はまずだし作りである。たとえば,日本ではコンブや鰹節を湯で煮てだしをとり,西洋では鶏がらや貝を湯で煮てスープをとる。だしやスープの中にはひじょうに美味なうま味がある。ところで,化学の発達により,だしやスープに含まれているうま味の本体がわかるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがくちょうみりょう【化学調味料】

うまみ調味料

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学調味料
かがくちょうみりょう

料理にうま味をつけるための調味料。グルタミン酸ナトリウムなどのアミノ酸系、イノシン酸ナトリウムなどの核酸系、複合タイプがある。うま味調味料ともいう。[山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学調味料の関連キーワード果糖転化糖変性セロファン化工デンプン酵素的褐変生物化学的処理非酵素的褐変化工デンプン(化工澱粉)褐変反応

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学調味料の関連情報