コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クックズタウン Cookstown

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クックズタウン
Cookstown

イギリス北アイルランド中部,ネー湖西方の都市,および地区(district council area)。地区の行政府所在地。アイルランド語では An Chorr Chríochach。名称は 17世紀のイングランドの移民政策であるアルスター植民の際,この町を創設したアラン・クックの名前にちなむ。地区の酪農業の中心地で,主産業は婦人用帽子やコルセット,自動車部品の製造。クックズタウン地区は 1973年の自治体再編で旧ロンドンデリー県と旧ティローン県にまたがる領域に設置された。北はマーラフェルト,西はオマー,南はダンガノン・サウスティローンの各地区に接する。北西部の大部分はスペリン山地で占められ,その外縁部から東に向かってゆるやかに傾斜し,バリンデリー川流域の谷とネー湖岸の平坦な土地にいたる。広範囲で酪農が行なわれ,ウシや家禽,ブタが飼育されている。北東部にはアルスター植民時代の領主の館スプリングヒルがあり,当時の姿のまま保存されている。また近くには 1602年に崩壊するまでアルスターのオニール家の長がその地位につく際に用いられていた土砦(円形の砦)がある。地区面積 623km2。地区人口 3万3660(2004推計)。都市人口 1万646(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android