クッペル(読み)くっぺる(英語表記)Karl Wilhelm Kupffer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クッペル
くっぺる
Karl Wilhelm Kupffer
(1829―1902)

ドイツの解剖学者。クールランド(現、ロシア領)の小村に生まれ、ドルパート(現、エストニア共和国タルトゥ)で医学を学ぶ。1867~1876年キール、1876~1880年ケーニヒスベルク(現、ロシア領カリーニングラード)、1880~1899年ミュンヘンの大学でそれぞれ解剖学教授としての研究生活を送った。比較発生学、組織学の分野で多くの業績が残っている。彼が記載した肝臓の星細胞は、のちに細網内皮系の一部に組み入れられた。[梶田 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android